日記みたいなー


by tlvepvxphi

カテゴリ:未分類( 73 )

 藤井裕久財務相の後任に決まった菅直人副総理は7日午前、東京都内の自宅前で記者団に「これからも副総理の立場で内閣全体をしっかりと見ることをやっていきたい。財務省は霞が関の象徴的な存在であり、より公開された形で、意味のある仕事ができる省に変えられれば、霞が関全体を変えるモデルになる」と意気込みを語った。

 鳩山由紀夫首相は7日午前、菅氏の起用に関し「最前の結論として副総理に兼ねてもらった。予算にかかわった方なので何ら支障はない。十分国会を乗り切れる」と強調した。首相公邸前で記者団に語った。

 首相は同日午後、体調不良で辞意表明した藤井裕久財務相の後任に菅氏を充て、菅氏が兼ねていた国家戦略担当を仙谷由人行政刷新担当相に兼務させる補職辞令を官邸で交付。菅氏が兼務していた科学技術担当は川端達夫文部科学相に兼務させる。

【関連記事】
東京株、4連騰で寄り付く 菅・財務相を“好感” 
NY外為、92円前半 菅・財務相で円売り
藤井財務相辞任 政権の打撃どうはね返す
財務相交代、「無責任」と野党批判
「菅財務相」は小沢氏との距離が決め手 

よっちゃんいか
界王拳の元
カードでお金
競馬サイト
ショッピング枠現金化
[PR]
by tlvepvxphi | 2010-01-09 18:20
 沖縄県読谷村で昨年11月、外間政和さん(66)がひき逃げされ死亡した事故で、県警嘉手納署は4日、自動車運転過失致死容疑で、米陸軍トリイ通信施設所属の2等軍曹クライド・アンドリュー・ガン容疑者(27)を書類送検した。同署は刑事裁判管轄権に関する日米合意に基づき、米側に犯罪通報をした。日本側は20日以内に起訴の可否を通告する。
 弁護人の話では、同容疑者は人をはねた認識を否定しているという。同署はひき逃げの道交法違反(救護義務違反など)容疑でも、引き続き捜査を進める。
 弁護人は同日、「犯罪通報があったので出頭には応じるが、米軍法務官の立ち会いが認められない限り、供述は拒否する」と話した。
 同署によると、同容疑者は昨年11月7日午前5時50分ごろ、読谷村楚辺の村道で、乗用車を運転中に車の前部で外間さんをはね、頸椎(けいつい)骨折などで死亡させた疑い。 

【関連ニュース】
遺体は80歳男性=発見場所まで24キロ引きずる?
ひき逃げか、16キロ先に男性遺体=現場に血痕50メートル
米兵を書類送検へ=運転過失致死容疑、ひき逃げ事件
日系ブラジル人を書類送検=ひき逃げ、代理処罰で有罪

お笑い業界のあしき習慣
いつでも、元気な看護師です。
カードでお金
競馬情報
現金化
[PR]
by tlvepvxphi | 2010-01-09 10:14
 第142回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が5日付で発表され、11作家がノミネートされた。芥川賞史上初めて共作の作家が候補になった。選考委員会は14日午後5時から、東京都内で開かれる。

 芥川賞は5作家。共作の大森兄弟が初の候補に挙がった。2人は本名非公表の実の兄弟。ペンネームは地名に由来する。

 執筆の役割分担はせず、メールなどで加筆や削除をしながら完成させる。電子メディアの利点をうまく活用した創作手法で、ネット社会の新たな創作の形として話題を呼びそうだ。

 文芸評論家の清水良典さんは「共作は音楽など他ジャンルでは普通のことで、作品の質が第一。大森兄弟の小説は新人らしく新鮮です」と期待を込める。

 大森兄弟と共に文芸賞を受けた女性作家の藤代泉さんも初めて候補になった。残る3人はいずれも2回目。羽田圭介さんは文芸賞でデビューした24歳の新鋭。素顔や経歴などを明かさない「覆面作家」舞城王太郎さんは三島由紀夫賞を受賞した実力派。岸田国士戯曲賞受賞の劇作家、松尾スズキさんは劇団主宰。多彩な顔ぶれとなった。平均年齢は33・5歳。

 直木賞は6人。警察小説で知られるベテランの佐々木譲さん、昨年山本周五郎賞を受賞した白石一文さん、新鋭の辻村深月さんらが並ぶ。白石さんは、1987年に「海狼伝」で直木賞を受け、海洋歴史小説の第一人者として活躍した故・白石一郎さんの長男。受賞すれば芥川・直木賞史上、初の親子受賞となる。平均年齢は46・1歳。【棚部秀行、内藤麻里子】

<芥川賞>

大森兄弟(34、33)「犬はいつも足元にいて」(文芸冬号)初

羽田圭介(24)「ミート・ザ・ビート」(文学界12月号)2

藤代泉(27)「ボーダー&レス」(文芸冬号)初

舞城王太郎(36)「ビッチマグネット」(新潮9月号)2

松尾スズキ(47)「老人賭博」(文学界8月号)2

<直木賞>

池井戸潤(46)「鉄の骨」(講談社)2

佐々木譲(59)「廃墟(はいきょ)に乞(こ)う」(文芸春秋)3

白石一文(51)「ほかならぬ人へ」(祥伝社)2

辻村深月(29)「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」(講談社)初

葉室麟(58)「花や散るらん」(文芸春秋)3

道尾秀介(34)「球体の蛇」(角川書店)3

※年齢は1月14日現在

※氏名、年齢、作品名、出版社、候補回数の順(敬称略)

【関連ニュース】
芥川・直木賞:候補作発表…芥川賞は津村さん3回連続
サンデーらいぶらりぃ:山村 基毅・評『龍神の雨』道尾秀介・著
注目ドラマ紹介:「空飛ぶタイヤ」 大企業の不正と戦う熱いオヤジたち ドラマW
空飛ぶタイヤ:組織に立ち向かう個人描く 仲村トオル「正直者はバカを見るっていうけど…」

やすはるのブログ
ときおのブログ
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化 即日
カードでお金
[PR]
by tlvepvxphi | 2010-01-06 13:30