日記みたいなー


by tlvepvxphi

「国と地方の協議機関」で政府が骨子案提示(産経新聞)

 政府は28日、国と地方の協議機関の法制化に向け、実務検討グループによる検討会を開き、新制度の骨子案を提示した。

 「地方側には首相に相当する存在がない」(逢坂誠二首相補佐官)などとして、議長は官房長官が務め、メンバーから首相を外した。地方側は、首相が議長を務めなければ地方分権改革が後退すると反発した。

 政府は、次回会合で最終案をまとめ、今国会に関連法案を提出する方針だ。

【関連記事】
外国人参政権 97%が「憲法違反」
橋下府知事、府市連携から再編 「決別」の狙いは? 
民主党揺らぐ選挙戦略 小沢問題の影響じわり
「八ツ場だけ政権公約守るのか」群馬町村会、子ども手当の負担拒否 
自民、外国人参政権など地方議会で反対指示へ

<センター試験>追試、過去最多の972人(毎日新聞)
昨年の小売業販売額、2年ぶり減=経産省(時事通信)
<消防用ホース>41万本を自主回収 芦森工業(毎日新聞)
「聴取後に小沢氏会見すべき」渡辺総務副大臣(読売新聞)
舛添氏、真意はどこに 政局発言…党残留?新党結成?(産経新聞)
[PR]
by tlvepvxphi | 2010-02-01 00:12